夕神 舞の徒然なるグダグダ日記


記事の内容

前へ | 次へ

今年一年お世話になりました
2012/12/31 21:47

MY「さて…今年もいよいよ最後の日が近づいてきたな。」
マーキュリー「ブログを始めて最初の年末を迎える訳ね。」
ブラッド「そうだな。」
MY「それじゃあ、今年も終わる事だし、一人一つずつ今年一年で気になった記事を挙げてみようか。」

MY「まずは…新キャラのルキナから行こうか。」
ルキナ「はーい。 …と言っても、私にとって今年一年気になった記事といえば、やっぱり初登場の記事かな〜。」
ブラッド「なるほど、あの突然の新キャラ登場には俺らもビックリしたしな〜。」
マーキュリー「思えば、まだマスターでさえカンストしていないのよね? 大丈夫、これ全員カンストできるの?」
MY「そんなもん…最後は気合で全キャラLvマックスへ…」
ブラッド「よし、じゃあまずは俺をカンストに…」
MY「いや、お前を真っ先にカンストにする理由が分からん。(バッサリ」
ブラッド「なんでや!」
マーキュリー「普通はマスターか、それとも美女を育てるのが定番ってものでしょ?」
MY「おま…とうとう自分から美女って言い始めたか…。」

MY「続いてはエヴィリアだな。」
エヴィリア「私は…これがとっても面白そうで良かったです…♪」
レオン「それは…レンさんが起こした、海賊イベントですね。」
ブラッド「まさかの同時優勝を果たしたっていうアレだな。」
マーキュリー「マスターも気合入れて服装変えたり、罠にひっかかったり、芸の道で叩かれたり…」
レオン「最初のはともかく、他二つはどうみても気合入れてやるような事じゃないと思いますよ、マーキュリーさん…(汗」
MY「挙句俺のお宝である『エリュ・シオーヌ』を横から回収しようとしたしな。」
ルキナ「記事としてはとっても面白いわね♪ MYさんもこういうイベントを起こしてみたら?」
MY「そうだな…。 PSPo2∞の方は難しいが、PSO2ならチームイベントを起こしてもいいかもしれない。」

エヴィリア「もう一つ…私が気になった記事があって、それがこれなんですが…」
マーキュリー「こ…これは…私が同行する予定だった、PSO2クローズドβテスト…!」
ブラッド「マーキュリーの嫉妬はさておいて、そういえば今年はPSO2の正式稼働もあったんだよな。 現在どんな状況よ、MY?」
MY「ほぼ均等に育ってきてはいるぜ。 詳しくは現在所属しているチーム『SRM部隊』のメンバーリストを参照だな。」
レディ・エヴィリア「そういえば、この姿もクローズドβ限定での登場だって言ってたわよね?」
MY「あぁ。今度のPSVita版のクローズドβテストには、ルキナで向かわせる予定だしな。
因みに種族はお前と一緒のニューマンだ。」
レディ・エヴィリア「そう…楽しみにしているわね♪」

MY「エヴィリアの次は、レオンだな。」
マーキュリー「レオンは、PSPo2∞ではキャラ相関が結構出来たり、PSO2ではMYに任されて記録を残したりと出来事は結構大きいんじゃないかしら?」
レオン「そうですね…。」
ブラッド「けど、やっぱり一番大きなニュースっていったら…コレだろ?」
エヴィリア「自己紹介の記事…? あぁ、なるほどそういう事ね♪」
レオン「う…うん…そうだね…/// まさか…その、好きな人が出来るとは思わなかった…///」
ルキナ「おやおや〜…お熱い事で♪ けど、これでキャラトークに幅が広がったわね〜。」
ブラッド「だな。そういえば、今年はキャラ同士のショートストーリーが一本も無かったけれど、来年その予定はあるのか?」
MY「あぁ。 あと、イラストもちまちまと載せられたらいいなと思ってるぜ。 まぁ、その前にエヴィリアにルキナのキャラ紹介があるんだけど。」

MY「次はお前の番だ、ブラッド。」
ブラッド「俺はやっぱり、自分の活動した記録がやっぱり印象に残るな〜。これとか…これとか」
マーキュリー「思えば、すっかりブラッドはボケと咬ませ役が板についてきたわね。」
MY「確かに。」
ブラッド「お前もな。」
MY「いや〜、お前に比べりゃやられてる回数はマシな方だぜ?」
レオン「五十歩百歩…?」
MY・ブラッド「それは言ったら負け。」
ルキナ「この頃からキャラトークが始まってきたのね。」
MY「そうだな。最初は操作しているキャラは、そのプレイヤーカラーで、それ以外は俺が赤、マーキュリーは青…って感じになってたんだよな。」
レオン「今では、僕は黄土、マーキュリーさんが青、ルキナさんは黄緑、エヴィリアはピンク、ブラッドさんは赤…そしてMYさんは標準の文字色になってるんですね。」
MY「ここだけの話だけど、この文字色の変更やらツッコミやボケの装飾が結構大変だったな…。 しかも長い記事となると…。」
ルキナ「けど、完成した後で改めて眺めてみると…やっぱり賑やかになるね〜。」
MY「まぁ、読み飽きないつもりで装飾とか着けてるからな〜。 大変ではあるけど、面白い記事が書きあがる為にモチベーションはやっぱり上げてはいるな〜。」

マーキュリー「さて、私の番ね?」
ブラッド「まぁ、毎度毎度MYの記事は長くなるよなぁ…。」
マーキュリー「まぁ、いい加減に話をまとまらせないと、新年を迎えちゃうから手短にね。
私の気になった記事はこれよ。」

MY「言わずと知れた、現PSO2のチームの紹介同然の記事だと俺は思うんだよな、これ。」
ブラッド「まぁ…MYと非常に気が合いそうなメンバーで良かったよな〜。」
MY「毎日が飽きないよw」
レオン「そのうち、SRM部隊の人達と一緒に活動した記録も上げたいですね。」
エヴィリア「多分、その時はもっとこのブログも賑やかになるわね?」
MY「来年は…まずレオンとエヴィリアの出番も増やしていきたいねぇ。」

マーキュリー「さて…最後は貴方の番よ、マスター。」
MY「やっぱり、俺と言えばこれだろうなぁ…」
ルキナ「…これは、ブログ開設最初の記事ね?」
MY「このブログが始まった記念の年だしね。 他の記事があるのも全てはここからが最初だったって事でな〜。」


MY「さて…2012年もそろそろ終わりだ。 皆、今年1年本当にありがとうな?」
レオン「いえいえ…なんだかんだで皆楽しんでますし?」
エヴィリア「来年も賑やかになると良いですね♪」
ブラッド「ほら、お前等グラールに行くぞ! あんな人やこんな人も誘って2013年のカウントダウンを過ごすぜ!」
マーキュリー「ブラッドのその案…名案ですね♪」
ルキナ「ほらほら、行きましょMYさん!」
MY「あぁ…それではこのブログをご覧の皆様…

一同「今年一年、ありがとうございました!! どうぞ良いお年をーっ!!」

カテゴリ:その他

前へ | 次へ

コメントを見る(3)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered By FC2ブログ